ホーム > 細胞正常力アップ

ゆる体操を学ぶ
本部直営教室
全国のゆる体操教室
運動総研 Cスペース
ゆるウォークを学ぶ
本部直営教室
全国のゆるウォーク教室
ゆるウォーク入門セミナー
ゆる体操の本・ビデオ・DVD
ビデオ・DVD
高岡英夫の著書など
高岡英夫のメッセージ
高岡英夫の主な著書
新刊書籍のご紹介
高岡英夫著書のはしがき
ゆる体操関連論文
ゆる体操指導員について
ゆる体操正指導員 氏名一覧
ゆる体操正指導員 写真付一覧
ゆる体操準指導員 氏名一覧
ゆる体操正指導員のリンク
指導員試験日程・要項
メディア登場掲載
テレビ出演履歴
雑誌・新聞掲載履歴
運動総研主催講座
集中講座
ご参加者の声
本社教室ご参加者の体験談
本部直営教室への地図
東京本社・大阪・京都

60兆の細胞が味方になってくれる新しい生き方を提案!!
「細胞正常力アップ」 (高岡英夫・談)

細胞とのコミュニケーションにより正常で力強い存在に

人間というのは、細胞が集まって初めて成立している存在です。つまり、ズバリ“それ”によってしか、自分というものは作り上げられていないのです。

「細胞正常力アップ」の講座では、そのことを直視して、そしてただ見つめるだけではなく、それらの細胞に意識が存在することを仮定として潜在意識下でコミュニケーションを深めるトレーニングを行うことによって、細胞の状態をより正常で力のあるものに変えていくことを図ります。そして、さらに正常で力強くなった細胞によって、今度は自分がまたそれらの細胞に支えられてより正常で力強い存在になっていく。このような相互作用により主体としての人と細胞の両方の“生きる根本力”を高めようとするのが、「細胞正常力アップ」のメソッドです。

細胞の核を傷つけるようなストレスから身を守る

したがって、その中には当然、細胞内の最重要構造である「核」をより正常な方向に持っていくことを企図するトレーニング・メソッドも存在します。そのことを考えていただくと、じつは人間の細胞の「核」というのは、常に様々なストレスによってさらされ続けています。そのストレスにはじつに様々な種類なものがありますが、まず化学物質がそうですし、身体に影響を与えるような精神的なストレスや、常に宇宙からあるいは核実験の結果として成層圏から降り注ぎ、環境の中にごく当たり前かつ日常的に存在する放射線などもそうです。

「細胞正常力アップ」の方法というのは、そういった細胞の核を傷つけるような様々なストレスに対して、細胞の核をより正常に保つというトレーニング効果を期待して、作り上げられているメソッドでもあるのです。

低濃度の放射能に対しての危機管理法の一つとなりうる

そのようなことを考えてみますと、東日本大震災によって福島第一原子力発電所が事故を起こして、低濃度の放射能汚染を広げていますが、このような状況の中で、この「細胞正常力アップ」のメソッドを日頃から知ってやりこんでいることは、当然のことながら、そういった事態に対しての危機管理法の一つとなりうると考えています。

つまり低濃度の放射能による汚染によって長期間細胞の核が攻撃され続けると、積算的効果として核内の遺伝子異常の発生する確率が微増すると考えられているわけですが、「細胞正常力アップ」のメソッドを正しく継続的にトレーニングすることによって、この確率の微増を抑制し、さらに遺伝子異常を起こした細胞に対する免疫力を高めていくということは、当然期待されることだと考えて、私はこのようなメソッドを作り、指導させていただいているのです。

(了)

>>2011年春期集中講座の詳細へ

2011年4月30日(土)9:30~14:00 大阪開催「細胞正常力アップI」

講座のお申込みは運動総研コールセンターへ
電話 03-3817-0390(電話受付:10時~18時 日曜・木曜定休)
ファクス 03-3817-7724
※お申込み用紙のダウンロード(PDFファイル)
(プリントアウトしてご利用ください)

ページTOPへ↑