ホーム > 2010年版 New夏の太もも周りスッキリ解消法初級

ゆる体操を学ぶ
本部直営教室
全国のゆる体操教室
運動総研 Cスペース
ゆるウォークを学ぶ
本部直営教室
全国のゆるウォーク教室
ゆるウォーク入門セミナー
ゆる体操の本・ビデオ・DVD
ビデオ・DVD
高岡英夫の著書など
高岡英夫のメッセージ
高岡英夫の主な著書
新刊書籍のご紹介
高岡英夫著書のはしがき
ゆる体操関連論文
ゆる体操指導員について
ゆる体操正指導員 氏名一覧
ゆる体操正指導員 写真付一覧
ゆる体操準指導員 氏名一覧
ゆる体操正指導員のリンク
指導員試験日程・要項
達人調整
達人調整師一覧
達人調整とは
メディア登場掲載
テレビ出演履歴
雑誌・新聞掲載履歴
運動総研主催講座
集中講座
ご参加者の声
本社教室ご参加者の体験談
本部直営教室への地図
東京本社・大阪・京都

従来の3講座に加え「達人調整未公開メソッド」も組み合わせて相乗効果倍増!
「2010年版 New夏の太もも周りスッキリ解消法初級」 (高岡英夫・談)

複数の講座を組み合わせることで相乗効果に浸りながらトレーニング

「2010年版 New夏の太もも周りスッキリ解消法初級」は、何と言ってもお得な講座です。「拘束外腿溶解法初級」、「拘束前腿解消法初級」、「股関節鍛錬法初級」というこの3講座の中から選び抜かれたおいしい方法を一気に学べてしまうところが、まず第一にお得な点でしょうね。

それともう1つお得な点があって、それら3つの講座メソッドを組み合わせることによる相乗効果に浸りながらトレーニングを進められるというところなんです。

「股関節鍛錬法」を代表に説明すると、本講座では最後に股関節のトレーニングを行うわけですが、そのベースとして拘束前腿や拘束外腿が取れていた方が圧倒的に有利なわけです。というより、もう少しハッキリ言ってしまうと、それが取れてなくてやるのは、股関節をトレーニングをやり易く行うための前提が足りないだろうということなんです。

そのような意味で、その第1、第2のお得な点(お得という言葉はあえてくだけた表現として使わせていただいたのですが)を合わせて考えれば本質的な意味で一緒に行うことが必要なメソッド群なんです。だから、次のようなことが言えると思います。

それぞれの講座「拘束外腿溶解法」にせよ、「拘束前腿解消法」にせよ、「股関節鍛錬法」にせよ、やはりそれぞれを単独にまとまった形で学んでいくことで、その深い内容、その方法体系内での多彩なアプローチを十分に学びながらトレーニングし、体験していくということは絶対に必要なんです。

しかし一方で、方法としては一部にしか過ぎないんだけれど、いま言ったような観点から複数の別体系のメソッドを組み合わせることで、メソッドがクロスし合い、複雑な化学反応が起きるように生まれてくる相乗効果に浸れるということもやはり絶対に必要なのです。単独でやることも、組み合わせてやることも、それぞれがそれぞれに否定し難い意味を持っているのです。

従来の3講座に加え「達人調整未公開メソッド」も組み合わせてパワーアップ

この講座の開催は、今年で2年目になるので、1年目に比べてもっとワクワクするほど面白くしたい、さらにグッと効果を深めたいというのが、私の正直な気持ちです。ですから、さらに「達人調整未公開メソッド」をぜひ組み合わせてみたいと考えています。そうすると4つのメソッド群からどれも効き目バツグンの方法を持ってきて組み合わせるわけですから、その科学反応、相乗効果は一体どういうものになるのか? 皆さんとぜひ一緒に楽しんでみたいと思います。

さて、この「夏の太もも周りスッキリ解消法」で扱う主な対象となる「太もも周り」に、足首から先のいわば「足先」は関係してくるのでしょうか? それともしてこないのでしょうか? 皆さんはどのように思われますか?

じつは、手からでも足からでも先端から体幹部の中へのゆるめていく方法というのがあるんです。これは私の長年の研究により、運動科学的に完全解明できています。例えば、手の小指一本を通して体幹部の中の肋骨と肋間筋のどこをゆるめていくか、または足の小指一本を通して仙腸関節のどの角度からどのように刺激を通してゆるめていくか、大腰筋の繊維は何本もあっていくつもの腰椎と繋がっていますから、そのどこの部分をどのように刺激していけば良いかという体系的な方法が、ハッキリと解明されているんです。

その研究成果を背景にして、達人調整法の体系はできているわけですけれども、今夏はそこから全く未公開のメソッドを選んで、他の3つのメソッドと組み合わせて楽しんでいただき、相乗効果におおいに皆さんに感動していただきたいと思っています。

ワールドクラスのサッカー選手とこの講座参加者の課題はまったく同じ

この「2010年版 New夏の太もも周りスッキリ解消法」で揃えている4つの分野のトレーニング法については、後日、お伝えする予定の「サッカーゆるトレーニング」講座についての私の話でも登場します。じつはあの2010FIFAワールドカップで活躍した本田選手は、上半身にトップ・センターが通っているにもかかわらず、下半身のセンターは弱いのです。まさに弱点となっている下半身のトップ・センターの通りをよくするのに、彼にはこの4分野のトレーニングをやらせたいね、と話したんですけどね(笑)。

つまり、顔の造作の好みはあるでしょうけど、本田選手のあの上半身から顔に抜ける感じはやはり非常にカッコいいんですよ。しかし、下半身を見るとカッコ悪いのです。ボタボタ、ドタドタとしていて、力んでいるし、踏ん張るし、足さばきもバサバサしてるし、やはりカッコ悪いのです。

それが「夏の太もも周りスッキリ解消法」のトレーニングをやったら、必ずカッコ良くなるんですよ。ワールドクラスのサッカー選手の見事な下半身の動き、センターの立ち上がりと、この講座の本質的な課題は、じつはまったく同じなんです。とくに身体に対し一歩あるいは数歩も進んだ関心をお持ちの皆さんにとってみれば、カッコ良く立てる、歩ける、足さばきのできる下半身、足というのはきわめて大事なポイントでしょうから、ぜひこの講座を通して、取り組み方を知っていただければと思います。

 

皆さんにはぜひ猛暑の中を講座にご参加いただき、選び抜かれた4つのメソッド群の化学反応、相乗効果を思う存分楽しみながら、下半身からのゆるみとトップ・センターの立ち上がりを得て、颯爽とした足取りでお帰りいただければ嬉しく思います。

(了)

>>2010年夏期集中講座の詳細へ

2010年8月11日(水)15:30~20:00 東京開催「2010年版 New夏の太もも周りスッキリ解消法初級」

講座のお申込みは運動総研コールセンターへ
電話 03-3817-0390(電話受付:10時~18時 日曜・木曜定休)
ファクス 03-3817-7724
※お申込み用紙のダウンロード(PDFファイル)
(プリントアウトしてご利用ください)

ページTOPへ↑